精科滞在記⑧事件です!

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


メンタルヘルスランキング





その一
私が入院して三ヶ月くらいでしょうか?
暴力被害にあいました。些細な事です。私は巻き込まれることが多いようです。相手は女性患者でしたが一方的に殴られ続けました。私は相手が女性と言うこともあり一切手を出さなかったのでおとがめなしでしたが相手の女性は年末年始10日間くらい保護室で過ごしてました。こちらは痛いとかと言うよりびっくりしました。あらためて精神科に入院しているんだなと思わせる出来事でした。
しかしその後その女性患者と気まずくなることもなく意外とあっけらかんでした。

その二
本当に些細な事が原因で揉め事は起こります。薬の順番待ちで揉めて相手を殴ってしまい閉鎖病棟送りになった患者もいました。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですね。
結構血の気が多い方が多かったですね。殴った殴られた、蹴った蹴られたは結構も意味にしました。

その三
ある朝の出来事、朝食中仲の良い女性患者さんがちょっとおかしい男に暴言吐かれてたので朝食後、その男に「S(仮名)さんに何言ったんだ!?」
と聞いたら
「お前には関係ない」
とか訳のわからない事を言って一触即発状態になりました。
だけどこちらは手を出さずその男が肩をこずいてきたのを他の患者が見ていて看護師に言ったらしく…とりあえずその場はそれで収まりましたがこっちは手を出してないのでおとがめなし、男厳重注意されてました。
しかしSさんはその事を知りません。
別に感謝されたくてやったわけじゃないから良かったですが…仲間がやられてるの見たら黙ってられませんでした。

その四
久々の発熱
朝の検温でまさかの38・8度
十何年ぶりの大熱です。
全然自分でも意識してなかったので「自分でもビックリ!
その日は病室から出るの禁止で初めてのポータルタイプ!
恥ずかしかったのでこっそり自分でトイレ行きました。
こんな時には入院してる安心感を感じます。
看護師さん本当に白衣の天使です。
色々お、世話してくれました。
常に見守ってくれている。
そんな風に感じました。

その五
規則として病室でもモノを食べるのは禁止です。
でもお腹が空くんです。
ある日、夜中にベットで布団に潜り込んで煎餅を食べてて見事にはす向かいのベットの爺さんにチクられ怒られました。
どうもぼりぼり音が気になったらしく…やっぱりみんな病院食だけじゃお腹がすくんですね
あれは不本意でした。

その六
ある日、男性患者が男性委者に夜這いされるという事件が起こりました。
こんな世界本当にあるんだ?とびっくりしました。
それからしばらくその二人は気持ち悪いくらいベタベタ
まぁ、長く入院してた人なので誰でも良かったんですかね
本当にいろんな人が居るもんです。
どこまでやったのかは不明…

その七
その六と同じような事件で同じ人なのですが洗濯所で女性を襲う事件がありました。
洗濯所は男性側の病棟のナースステーションから一番遠いところにあり看護師さんにとっては盲点だったらしく…未遂だったみたいですがどこまでやったのかは不明…
その事件でその男性は閉鎖病棟へ送られました。
どんだけうえてるんだって話です…

その八
とあるおじいちゃん患者がくしゃみをしたら…
入れ歯がコロン
みんな爆笑
ドリフみたいでした、これにはさすがの私も爆笑
ちなみに二回ほど目撃しました。
…といろんな人が居れば色んな事件が起こるものです。
なかには笑えない話もありますが…




にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする