精神科滞在記⑤ 病院に居る人々。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


メンタルヘルスランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




さて、病院には患者さん含めたくさんの人が居ます。

まずは最初に患者さんですね。私の病院では統合失調症の患者さんが多いみたいです。あとは発達障害、うつ病、睡眠障害、その他でしょうか?別の病気を併発して長くなったり、神経を患ってる患者さんパーキーソン病など居ますが圧倒的に統合失調症が多いようです。なので一人でしゃべってたり笑ってたりしてる患者さんが多いです。開放病棟だけで70人くらいでしょうか?男女の割合は男性が圧倒的に多いです。年代も60代がおおいです。本などで一般的に女性が多いと書いてあってので意外でした。

次に医師です。私の病院では主治医制度なので毎回同じ顔です。正直医師とは相性ありますね、私ははっきり言って合ってないとおもってます。しかし隣の芝生のように実際変わっても同じような気がします。私の主治医は他の病院と掛け持ちで週に1日しか来ないかなら受け持ちが5人と一番すくないです。毎回思うのですが医師は病気になったことがないから好き勝手言えるのだろうなと思います。なので患者の話は聞かない意志が多いように感じます。経験者の医師って居ないものでしょうか?

次は、看護師長、看護主任です。師長は言わずと知れた病棟の責任者です。主任は師長のサブですかね。私の病院では一番元気です。確か私と同じ歳だと思います。主任さんは40前のすごい美人です。主な仕事は部下の管理、患者の管理、シフト管理、薬の管理…etcとにかく忙しいようです。そんななかでも患者さんの話を聞いたりしてます。基本的にさばさばしていますね、私はいちども怒られたことはありません。とにかくよく働きます。

次は主役と行っても良いでしょう。看護師さんです。看護師さんも様々、男性もいれば女性もいます。

若い人もいればやや年配な方もいらっしゃいます。総勢10名ちょっとでしょうか?各看護師さんには受け持ちの患者さんが決まってます。看護師一人に対して患者5~6人てとこですね、主な仕事は患者さんの管理、病棟清掃、配膳、買い物伝票の発行、見回り…etc ざっくりこんなところでしょうか?中にはフレンドリーな好きな看護師さんもいます。少し紹介します。まずはN主任ですこの人は凄美人です。バツイチらしいです。私にもチャンスあるかな?と思ってしまいます。冗談ですが、次はHさんがたいの良い男性の看護師さんです。お互い競馬が好きで良く競馬で盛り上がってます。今度食事はに行こうって話になってます。次は私の担当看護師さんのHさんです。女性です。この看護師さんは元気がない時など気分転換に連れてったりしてくれます。良い看護師さんです。最後は Mさんです。正看護師ではなく准看護師さんです。この看護師さんも良くしてくれます。2~f(^_^)3歳年下ですが敬語使ってます。あとは少し厳しい Yさん、Hさん、Fさん、優しいMさん、Tさん、Fさん、Wさん紹介しきれませんがここまでにしときます。

次はケースワーカーです。看護師ほどの権限は無いですが甲斐甲斐しく患者の世話してくれます。私が見るにこの人が一番働いているように見えます。看護師の完全サポートです。下手な看護師よりよっぽど働きます。次にワーカー(精神保険福祉士)この人たちは一番と言って良いほどお世話になります。わからないことはこのひとたち相談するのが一番です。主治医よりも親身になってくれるので話しやすいです。カウンセリンにもなっているんですね。

あとはざっくり紹介します。

まず薬剤師さん、週に一回様子を聞きに来ます。

心理士さん、心理検査をします。

作業療法士、OTを担当します。

事務員、外来の受付や現金などの管理預け物品の管理

食堂職員、食事の用意をします。

掃除のおばちゃん、いつもだいたい同じ場所にいるので毎日挨拶してなかよしです。

次回は病棟での決まり事のなどを書いていきます。



Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする