精神科滞在記④入院患者の健康管理

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


メンタルヘルスランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

私が入院した病院は総合病院だったため入院中の患者の健康は守られてました。
まずは土日以外は毎日バイタルチェックとして睡眠時間、排便、排尿の回数
そして検温、脈拍数がチェックされます。
私が毎日、見ていて気になったのはメンタルのせいでしょうか?検温、脈拍の計り方」「などこだわりを持っている人が多かったことです。
熱が高熱だったり脈拍が異常に早かったりしたら気になるのは当たり前ですが脈拍「がほんの少しいつもより早いだけで何回も計りなおしてもらい挙句の果てには
「ほかの看護師さんお願いします。」
と…看護師さんも苦笑いと呆れ顔です。
私としてはそんなに気にすることか?
と思うのですがやはりメンタルの病気のせいなんだなとも思います。

次に月に一回のレントゲン、心電図、血液検査、身長体重測定、血圧と入院中の患者の健康は守られていると言っても良いでしょう

私は起立性低血圧と言う病気と言うほどではありませんが座っているから急に立ち上がった時に血圧が下がり、ふらつきやめまい、疲労感、動悸、視野のかすみ、目の前が真っ黒になり倒れてしまうことがあります、。
人によっては失神してしまう事もあるそうです。
その起立性低血圧によって病棟で二回ほど倒れ頭を強打し大騒ぎになった事があります。
その際もすぐに頭部CTをとってもらい幸い異常なしでしたが少しの間外出禁止になった事があります。
血便が出て大腸検査を受けたこともあります。
精神科のみの病院ではどうかわかりませんがやはり総合病院だけあって対応は早いです。

命に関わる重篤な病気を抱えて入院している方もたくさんいらっしゃいます。
糖尿病の方が多かったです。

そして残念ながら閉鎖病棟で死を迎える患者さんも少なくないようです。
開放病棟と閉鎖病棟の間に庭のようなスペースがあり(コンクリートですが)そこのベンチでラジオや音楽をイヤホンで聞きながら日向ぼっこをするのが日課だったのですがたまに霊柩車が迎えに来ており
「ああ…逝ってしまったんだな…」と複雑な思いで見ていました。
全く顔も名前も知らない人ですが何とも言えない気分になります。

5日6日は更新をお休みします。







Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする