第八章 ど素人の向精神薬、抗精神病薬講座

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


メンタルヘルスランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

向精神薬はあまりに種類が多いため私が服用経験がある薬のみ紹介します。
しつこいほど言いますが私は精神科医でも薬剤師でもありません。
あくまで一個人の感想なのでそのつもりでお読みください。

◦デパス
エチゾラムとも呼びます。
抗不安薬として医師が処方する第一選択肢ではないでしょうか
強い抗不安作用、筋弛緩作用を持ち、心身をリラックスさせてくれます。
良い薬がゆえ依存に注意しなければいけません。
内科で処方される事もあるようです。
欠点は作用時間が短い事でしょうか
私の印象は良く効きますが持続効果が短い印象です。
◦コンスタン
アルプラゾラム、ソラナックスとも呼びます。
本来、抗不安薬として使われます。
催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用もあります。
強さは中程度です。
作用時間は7時間から14時間です。
副作用もそれほど強くないので使いやすい薬だと思います。
私の印象だとあまり効果は感じませんでした。
◦リボトリール
ランドセン、クロナゼパムとも言います。
リボトリールは強い抗不安作用、中等度の筋弛緩作用、強い催眠作用、強い抗けいれん作用を持つ薬です。
本来は抗けいれん薬として使われますが不安が強い方、眠りに問題がある方にも用いられる事もあります。抗不安薬としては最強クラスです。
私は現在、睡眠補助薬として処方されています。良く効いてると思います。
◦フェノバール
フェノバルビタールとも呼びます。
本来は抗不安薬として使います。
とても古い薬でべゲタミンの成分の一つです。
皮膚に発疹が出ることがある、眠気を催すという副作用があります。
致死量が低く現在、医者が処方したがらないくすりのひとつです。
私は現在睡眠薬として処方されてます。耐性が付きやすく長く飲める薬ではないなという感じです。
◦レキソタン
セニラン、ブロマゼパムとも呼びます。
抗不安薬として使われます。
効果は強く抗不安薬としては大吟醸と言ったところでしょうか
抗不安薬としては最強クラスの一つです。
筋弛緩作用、催眠作用、抗けいれん作用もあります。
しかし、よく効くが故の依存に気を付けなければいけません。
私は抗不安の頓服として使っていました。
フラセボかも知れませんが良く効いてたと思います。
ただ耐性が付きやすい薬と言う印象です。
◦メイラックス
ロフラゼプ酸エチルとも呼びます。
抗不安薬として使います。
比較的新しい薬です。
とにかく作用時間が長くやや強い抗不安作用があります。
催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用もあります。
副作用が少なく安全性が高いと考えてよいでしょう。
とても使いやすい薬だと思います。
私は抗不安や睡眠補助薬として使ってましたが顕著な眠気などはなく効いてるかわからなかったです。
◦レスタス
フルトプラゼパムとも呼びます。
抗不安薬として使います。
作用時時間が24時間と長く強い抗不安作用があります。
催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用があります。
ふらつきや眠気といった副作用があります。
欠点は効果が長い分副作用も長く続きます
私は現在睡眠補助として処方されてます。
はっきり言って効いてるのかどうかわからないです。
◦コントミン
クロルプロマジン
古い抗精神病薬です。
古い薬は比較的強力な作用があります。
作用が強力な分、副作用も強いです。
効果としては中枢神経の興奮を抑える作用があり,精神病や神経症の症状の不安,緊張,興奮,けいれんを抑えます。
副作用に眠気があるので睡眠補助薬に使われることもあります。
他の副作用として
振戦、筋強直、アカシジア、ジスキネジア、高プロラクチン血症(胸の張り、乳汁分泌、月経不順、性欲低下など、男性は勃起障害など)
重篤な不整脈、悪性症候群、、眠気、体重増加、口渇、便秘
など怖い多く注意が必要です。
私も睡眠補助薬として服用してた時期がありましたが良く眠れますが太ると言う印象です。

◦ヒルナミン

レボトミン、レボメプロマジンとも呼びます。

古い抗精神病薬です。

コントミンと同じく古い薬なので比較的強力な作用があります。

作用が強力な分、副作用も強いです。

統合失調症の興奮、双極性障害の躁状態、うつ病における焦り、不眠

に用います。

副作用としては

過剰な催眠・鎮静

日中のふらつき、転倒、倦怠感

食欲増加、抗コリン作用、血圧低下

などがあります

私も睡眠補助薬として服用してい時期がありますが、コントミンと同じく眠れますが太りる印象です。

◦セロクエル

クエチアピンとも呼びます。

比較的新しい抗精神病薬です。

作用としては

錐体外路症状・高プロラクチン血症などの副作用が少ない

・鎮静作用が強い

・陰性症状、うつ、不安にも効果がある

・眠りの質を上げてくれる

などが挙げられます。

副作用としては体重増加です。

私は睡眠補助薬としてしばらく飲んでました。

良く眠れますがやはり太ります。満腹中枢が麻痺してると思うくらい食欲が出ます。

補足ですが精神疾患は薬では治りません。
あくまで適した環境で十分な休養をとり出来るならばなるべく規則正しい生活、適度な運動ができれば改善につながると思います。
薬はあくまでサポートと考えましょう。
サポートがあるからいま、少しは
笑えるのかな?と思います。







Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする