第五章 ど素人のお薬講座

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


メンタルヘルスランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

前半にも言ったように私は精神科医ではありません。

なので一患者の体験として読んで頂ければ幸いです。

ご存知の方は多いかもしれませんが抗うつ薬の種類は大きくわ分けて5種類に分別されその中でも1種類につきまた小さく枝分かれしていきます。

私は大きな五種類は全て服用しました。

ここでは大きな五種類を素人が紹介しようと思います。

素人なのでセロトニンがなんとかノルアドレナリンがどうとかはわかりません。

あくまで私個人の見解としてお読みください。

・SSRI

恐らく今、1番使われている薬の1つだと思います。

販売されたのが1990年代とそこそこ新しい薬です。

抗うつ力がそこそこ高く副作用も少なく安全性の高い薬だと思います。

私はジェイゾロフト、レクサプロ、パキシルを飲みましたが性機能障害が出て中止になりました。性機能障害は出る人と出ない人がいるようです。

・SNRI

この薬も現在多く使われている薬ではないでしょうか?

この薬はSSRIよりちょっと新しい薬になります。

こちらも抗うつ力が強く副作用が少ない安全性の高い薬だと思います。

私はサインバルタ、イフェクサーと言う薬を飲んでいました。

この種の抗うつ薬も私には性機能障害が出て中止になりました。

この種の薬は性機能障害が出る方が多いようです。

・NaSSA

この薬は私としては抗うつ力はあまり感じませんでした。リフレックスという薬を飲みましたが副作用が強い眠気なので睡眠補助薬として重宝しました。ただし食欲増進、体重増加の副作用もあるので20キロくらい太りました。

・三環系抗うつ薬

戦後まもなく使われ始めた最も古い薬です。

強い抗うつ力を持ちますが副作用も多いです。

現在では新しい薬が主な処方と思いますので第1の選択肢では処方されないと思います。

しかし、私にはこの種類のアナフラニールと言う薬が1番合ってたように思います。

しかし困った副作用は性機能障害です。

性欲はなくなり射精障害を起こしました。

これが無ければずっと飲みたい薬ではあります。

・四環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬の副作用を暖和した抗うつ薬です。

副作用が少なくなった代わりに抗うつ力も弱いです。

テトラミドとルジオミールを飲みました。

私にとっては性機能障害出ない薬です。

と一通り説明しましたが私が現在、服用している薬はルジオミールとリフレックスです。

妊活中なので性機能障害の出る薬は避けています。







Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする