第二章 精神科へ

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


メンタルヘルスランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


元々、不眠の気はあったのですが今までとは違う不眠の症状でした。

そしてある休みの日…とうとう精神科に電話しました。

最初に電話したのはメンタルクリニックでした。

しかし予約でいっぱいいで新患は受け入れられないとの事で断られました。

二件目も同じ回答でした。

そこで私は少し声を荒げ

「あそこもダメここもダメ…どうしたら良いんですか!?」

と尋ねました。

するとどうでしょう、2週間先に来てくださいとの事になりました。

で、なんとか初診にこぎつける事ができました。

「病んでる人多いんだなぁ」

と思いました。

そして二週間後とうとう精神科へ

やはり最初は抵抗ありました。

しかし少しでも楽になるならと受診しました。

そこで先生から聞かされたのは意外なことばでした。

「その症状は鬱を持っているからだね」

と言われてレメロンと言う抗うつ薬と睡眠薬を処方されました。

いまいちピンとこずネットで「うつ病」「抗うつ薬」について調べました。

…なるほど、確かに症状は似ている

しかし気になったのは

「抗うつ薬は一回飲んだら終わり」

「抗うつ薬は飲んではいけない」

との見出しのサイトでした。

そのサイトを見て怖くなり私は抗うつ薬を飲みませんでした。

そして二回目の診察

薬を飲んでない事を告げると少し怒られました

「ちゃんと飲まないと治らないよ」

と言われました。

まだ抵抗ありましたがもう精神的にも身体的にも限界が近く飲んでみました。

するとよく眠れました。

後で知ったのですがレメロンという薬は睡眠薬代わりにも使われることも多いと知りました。

眠れるようになったのは良いけれどなかなか精神的な落ち込みは治らない。

今でも抗うつ薬は飲むべきなのかの是非はわかりません。







Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする