脱毛器は身体に悪影響が出てしまうこともあるの?どうすれば回避できる?

脱毛器なんて体に悪いのではないか…
そのように不安に感じている方もいると思います。
体に悪影響があるかもと心配になってしまうのもわかります。
脱毛できるような機械を肌に直接当てているのですから、最悪皮膚がんになってしまうのではないか、そのような不安を解消すべく色々な情報をご紹介します。

皮膚がんになってしまうリスクは?

皮膚ガンになってしまう可能性はあるのでしょうか。
家庭用脱毛器で一般的に知られているのはフラッシュ脱毛と呼ばれるものです。
これはIPL脱毛器とレーザー脱毛器になります。

これらの光やレーザーでの照射は皮膚がんのリスクはあるものなのでしょうか。
まず光の種類で言うと、私達の体にとって悪影響があると思われるのはレントゲンにおいて使用されるX線などを初めとする放射線です。
そして紫外線だと言われています。

特に皮膚がんのリスクがあるのは紫外線です。
紫外線のB波が問題だと言われているのです。

その一方、家庭用脱毛器で使用されているIPLは医療用で使用されているくらいに問題がありません。
レーザー脱毛器に使用されているレーザーも遠遠赤外線になります。
そのため、今現在普及している家庭用脱毛器によって皮膚がんの心配はありません。

遠赤外線って?

我々の身近にある電化製品にも遠赤外線が使用されています。
この遠赤外線は人間にとって有力な波長であり、太陽がぽかぽかするのは遠赤外線のおかげです。

金属などは反射されてしまい温めることができないのですが、人のような有機体に対しては、遠赤外線は吸収されるので温めることができます。
他に考えられる弊害について確認しておきましょう。

家庭用脱毛器は全く何も弊害がないのかといえばそうではありません。
自分で脱毛すると言う状況だからこそ心配なのが火傷です。

最初は一番低いレベルから照射して少しずつ様子を見ると思いますが、慣れてくると照射レベルをついつい強くしてしまいます。
最終的に自分にとってちょうど良い強さでの照射をしてから脱毛することになりますが、脱毛サロンや医療機関でのレーザー脱毛とは異なり、照射レベルを把握し、施術してくれる人がいないので自己責任となります。

自宅で自分で脱毛する時にやってしまうのが、十分に冷やさないということです。
肌が赤くなってしまうと言うトラブルになる人が多く、処理を怠ってしまうとやけどをすることもあります。
痛くなくても熱によるダメージがあるのは確かですので、脱毛処理の前後に保冷剤などを利用して冷やすようにしましょう。

コメント