脱毛器で脱毛するメリット・デメリットってどんなものがあるの?

脱毛器のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
自分の好きなときに好きなところを自宅で脱毛できます。

また、脱毛サロン・クリニックへ通う時間、そして手間を省くことができます。
脱毛器の出力レベルを調節できますので、痛みが少ないです。
脱毛サロンや医療脱毛クリニックの場合には、予約をして店舗に通う必要がありますが、脱毛器は一度買ってしまえば自分で好きな時に好きな部位を脱毛できるなどメリットといえます。

脱毛器のデメリット

脱毛器のデメリットというのはなんなのでしょうか。
カートリッジ交換などのランニングコストがかかります。

海外製の脱毛器は安全性に欠けることがあります。
脱毛サロン・クリニックに比べると脱毛効果が低いです。

自分では手の届きにくい部位まで脱毛できません。
脱毛器で火傷などの肌トラブルが起きてしまっても自己責任です。
脱毛器は手軽な反面、脱毛器の種類次第では使い勝手が良くないものもあります。
消耗品のランニングコストが高いものがあるなどデメリットもあります。
脱毛器で脱毛をしていきたいという人は、脱毛器の選び方を間違えないということが重要になります。

脱毛器って永久脱毛できるの?

脱毛器を使った脱毛においては永久脱毛はできません。
そもそも永久脱毛というのは、医療従事者の資格がなければ行えません。
医療行為にあたるのです。
医療脱毛クリニックでしか行う事はできません。

脱毛器の中で、最も脱毛効果が高いとされているのは、トリアのようなレーザー式脱毛器です。
脱毛器のトリアの場合には、医療脱毛クリニックで用いられているダイオードレーザー術を利用しています。
FDAの認定を受けており、安全性も非常に高いレーザー式脱毛器になります。
アメリカ食品医薬品局の認定を受けていますので、安全性も非常に高いレーザー式脱毛器になります。

レーザー脱毛器のシステムは?

ムダ毛の根本の組織にある黒い色素に反応をするレーザー光を照射します。
そうすることで、ムダ毛の組織を破壊して脱毛するのです。
このトリアの脱毛方式は医療脱毛クリニックで行われている脱毛とほとんど違いはありません。

しかし、医療資格者が施術を行う医療脱毛クリニックとは違い、脱毛器のレーザー光の出力レベルはかなり低いです。
そのため、脱毛効果ははるかに劣ります。

脱毛器で永久脱毛は不可能です。脱毛ラボの脱毛器なら可能かもです。
医療脱毛と比べると脱毛器の脱毛効果というのはとても低いですので、永久脱毛はできないのです。

コメント