脱毛器のフラッチュ式ってどんな特徴があるの?メリットやデメリットは?

フラッシュ式・レーザー式の特徴的な違いについてご紹介します。
脱毛器の代表と言えばフラッシュ脱毛器、そしてレーザー脱毛器の2種類になります。
どちらも効果はありそうですが、具体的には何がどう違うのか、どちらを選べば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。
そこで、今回はフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、それぞれどのように違うのかをチェックしていきましょう。

フラッシュ脱毛器の仕組みについて

フラッシュ式脱毛器の仕組みをチェックしていきましょう。
家庭用脱毛器の代表と言えばフラッシュ脱毛器、そしてレーザー脱毛器の2種類です。
どちらも効果はありそうですが、何が違うのか、どちらを選べば良いのか迷っている人も多いでしょう。

フラッシュ脱毛は脱毛サロンで行っている光脱毛と同じ形式で脱毛を行います。
脱毛器で採用されているのはIPL脱毛です。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、IPLというのは光の種類のことです。

この光はメラニン色素に反応する光です。
ムダ毛にはメラニン色素が入っていますので、黒い毛が生えてきている状態になります。
光を照射する事で、ムダ毛のメラニン色素に対して、直接働きかけるのです。

毛根部分にももちろん効果があり、毛根成分を破壊することで脱毛をしていきます。
すぐには抜けずに1週間ほどで抜けていきます。

フラッシュ脱毛のケノン

ケノンは脱毛器の中でもとても人気があります。
ケノンは、5レベルと10レベルとでは音の大きさ、迫力、感じる熱さ、痛みの起きさも違ってきます。
細かくレベルが調整できますので10レベルで痛みを感じるのであれば、7、8レベルがオススメです。

美顔カートリッジ、脱毛カートリッジどちらも10レベルで使用するのですが、他の脱毛器と比較をすると、照射音もこうかがありそうです。
焦げ臭いニオイがします。
効いているという実感があり、脱毛をするのが楽しですよ。

照射が苦にならないので良いと思います。
口コミだとあたってるのか、それともあたってないのかわかんないくらいに痛みがないというものもあります。

ケノンはどうなの?

だいたいの所は痛くないですが、痛みを少し感じることもあります。
実際に使用してみるとわかります。
まったくなにも感じないということはないでしょう。

毛が濃い所だったり剃り方が甘かったりすると多少の痛みは伴うのですが、最初は少し痛みを感じるだけでなれるとそんなに苦痛は感じません。

レーザー式の脱毛器はどんな仕組みなの?気になるレーザー式をチェック

レーザー脱毛というのは、美容皮膚科、美容外科などといった医療機関において扱っている医療用レーザー脱毛器を過程用として販売したものです。

レーザーを気になる部分に照射することによって、毛のメラニン色素に反応します。
毛のメラニン色素などを通してレーザーの熱が吸収されていきます。
吸収された熱は毛根まで届きますし、ムダ毛と毛根の毛母細胞などを効率よく破壊します。

破壊されたムダ毛は2週間ぐらいで抜けていくことがとても多いです。
効果はあるのですが、その分痛みを感じやすくなります。

レーザー式脱毛器の使い心地は?

レーザー式脱毛器としてよく知られているのは、トリアです。
トリアの4Xは5レベルまでです。
プレシジョンは3レベルまで調整が可能になります。

主に4Xでワキと腕を脱毛することが多いと思いますが、3レベルでワキに照射をしていますが、痛みは強くなりやすいです。
!激痛なのに、範囲が狭いですので、何度も照射しなければなりません。

毎回、ワキを照射するのにかなり勇気がいります。
痛みに弱くて、めんどくさがり屋の人にとっては脱毛をするのが苦痛に感じるかもしれません。

レーザー脱毛器を使った人の多くはやはり痛みを感じやすいようです。
また、脱毛器使用後に肌が赤くなってしまう、という人も多いです。
ひざにトリアを使用して水部kルエができてしまったという人もいます。

お肌のケアも重要

自分で脱毛すると、ついつい忘れがちになってしまうことがあります。
それがお肌を冷やすということです。
1回目は冷やさずに照射をしてしまっていたものの、その時にはフラッシュだけでも痛みを感じてヒリヒリしてしまうということもあります。

家庭用脱毛器だと自己責任で使用することとなりますので、脱毛前後にはお肌を冷やしてケアしておきましょう。

フラッシュ式の特徴まとめ

フラッシュ式は、照射面積が広く、痛みを感じにくいです。
そして軽くて産毛も脱毛できます。

レーザー式は、メガネなど着用しなくても良いですし、コードレスです。
ただ、産毛の脱毛は難しいです。

レーザータイプとフラッシュタイプならどちらがおすすめなのか…
といえば一概にはいえませんが、フラッシュ式の方が広範囲を一度に脱毛できる場合が多いです。

例えば、フラッシュ式のケノンであれば1度少佐yする範囲をレーザー式のトリアで処理すると12回照射しなければならない、といったように範囲が狭くなってしまうのです。

脱毛器を毎日使うのは大丈夫なの?脱毛周期はどのくらいが理想?

脱毛器は毎日使ってはいけないのか、いけないのであればその理由はなんなのか、気になると思います。
脱毛器を手に入れた時、やはりつい鞍馬って毎日でもケアしたくなってしまいますよね。
しかし、それはもしかすると間違った使い方なのかもしれません。

脱毛器は毎日使うべき?

毎日頑張れば頑張っただけ、ツルツルのお肌が手に入るというわけではありません。
やりすぎは逆効果になることもあります。
脱毛器を毎日使ってはいけない2つの理由をご紹介します。

まず一つ目は、脱毛器を毎日使うとお肌に負担がかかりすぎてしまいます。
家庭用の脱毛器は照射のパワーが低いですので、お肌への負担はサロンに比べて小さくなります。

しかし、毛根に直接アタックをかけるわけですので、毎日しているとどうしてもお肌に負担をかけてしまいます。
脱毛には当然刺激が伴いますが、2週間に1度程度に抑えて使用しましょう。
そうすればお肌にかかる負担を最小限に抑えられます。

そして次に毛周期です。
毛周期とは、分かりやすく言うと毛が生えて抜けるまでのサイクルです。
毛には、成長初期から成長期、そして退行期から休止期という一連のサイクルです。
休止期においては、次の成長初期の段階まで活動が休止しますので、毛が生えてくることもありません。

脱毛器は毛根に存在するメラニン色素と呼ばられる黒い色素に反応します。
そのため、毛根部にメラニン色素がほとんど存在しない退行期には効果を発揮しません。
毎日使っても脱毛効果を期待できないというわけです。

忙しい人におすすめの使い方

忙しい人に効率的な使い方があります。
毎日使うのは良くないというものでしたが、部位を変えれば問題はありません。
そのため今日は右腕、次の日は左腕というように少しずつ部位を変えながら脱毛するのが理想的です。

一気に脱毛する時間のない忙しい人にはオススメな方法です。
また、使用頻度は最低でも2週間は空けるのがよいでしょう。
メーカーによっては、3週間から1ヶ月と説明書に書いてありますが、説明書に記載されている通りに脱毛するのがトラブルを未然に防ぐ上で効果的です。

しかし、実際のところは個人によって毛周期は異なります。
一概に理想の使用頻度を言うことができません。
脱毛器を使うペースは個人差があるのですが、2週間から1ヶ月で使用するというのがお肌への負担を小さくして、毛周期からも効率が良いということをしっかりと覚えておいてください。